* * * * * * *
Line

老眼の治療について



最近、「目がかすむ」「近くのものが見えにくい」「手元のものが見えにくい」などの老眼の症状はありますか?この老眼の症状は治らないとあきらめてはいませんか?

1.目を強く閉じる
2.5秒たったら、パッと目を開ける
3.目を開けたまま目玉を右回転させる
4.3.の次に、左回転させる
5.1~4を5回くらい繰り返す

これは、眼球の水晶体を動かす筋肉である「毛様大筋」を鍛える方法です。この方法は、昔から老眼の症状を改善させるために有効的だといわれている方法です。

この「毛様大筋」を鍛える方法は、いつでもどこでもできる簡単な方法なのですが、なかなか効果が表れません。なかなか効果が表れないので簡単な方法ではありますが継続するのは難しいようです。

それでは老眼の症状を改善させるため、もっと効果的な方法はないのでしょうか?

日本では2004年から老眼治療が取り入れられることになりました。現在行われている老眼の眼科的治療は「伝導性角膜形成術」という方法です。

「伝導性角膜形成術」とは目の角膜に「ラジオ波」をあてて、角膜のカーブを変えていくという方法です。老眼治療の最先端を行くアメリカのFDA(米国食品医薬局)で認可を受けている治療法です。

老眼の治療といっても、施術時間はたったの3分程度。簡単かつ安全に治療をすることができます。老眼特有の症状である「手元のものが見えにくい」という症状は、この治療によって改善されるとのことです。

この手術は、「ラジオ波」によって角膜周辺のカーブを変えるものです。周辺部分のカーブだけを変えるので、手元のものや近くのものを見ることができるようになります。角膜の中心部は「ラジオ波」を照射していないので、従来通りの視力のままでいられます。なので遠くのものは今まで通りに見ることができます。ゆえに老眼鏡は不要になるわけです。

この夢のような治療は、残念なことに通常片目だけになります。詳しいことや疑問などは専門医にお尋ねください。


レーシックの【おすすめクリニック】1位~3位
老眼や白内障を治療する手術なら【おすすめクリニック】


手術しない視力回復の方法



Line


老眼治療 特集

気になる記事ピックアップ

ある近視女性レーシック観
私は幼いころメガネに憧れていました。当時は「伊達メガネ」などもってのほかという時代でしたので、メガネをかけるためには目が悪くなければ掛けられませんでした。.....

老眼の予防
手元が見づらい、新聞や雑誌の文字が見づらいなどの老眼になると、老眼治療をすることを考える方も多くいると思います。しかし、老眼になる前に老眼予防をし.....

遠近両用眼内レンズ
「遠近両用眼内レンズ」という治療方法があります。老眼の治療には様々な方法がありますが、その中の一つです。この治療により近くも見えるようになる.....

老眼治療とレーシック
老眼治療を考え始めるのは、近くのものや新聞などの小さい文字が見づらくなってきたときでしょう。最初のうちは老眼鏡で対処すると思いますが、.....

食事と老眼治療
「老眼の治療と食事には、関係性がある」ということをご存知ですか?普段の食生活において、偏った食事ではいけません。食事というのは.....

Copyright © 2007 レーシックは失敗が不安*o*99vs1慎重派のレーシック@近視・乱視・老眼. All rights reserved