* * * * * * *
Line

コンタクトレンズ



コンタクトレンズは大きく分けて2種類あります。
ソフトコンタクトレンズと、ハードコンタクトレンズで、いずれも医師の診察がないと購入できない医療機器です。

ソフトコンタクトレンズは、その名の通りソフトタイプでビニールのような感触のレンズです。
弾力性があるので目に入れた時の異物感はほとんどないのですが、細菌が繁殖しやすいという欠点があります。
また、ソフトコンタクトレンズは装用感がいいので、角膜に炎症が起きた場合、自覚症状がおこりにくく病状を悪化させてしまうこともあります。

ハードコンタクトレンズは、ソフトレンズよりちょっと小さめのかたいレンズです。慣れていないと異物感があり、また装着時の異物感は個人差が激しく私は装着することができませんでした。
またもう一つの欠点は、激しい運動の際にずれたり外れたりすることです。

ハードコンタクトは単価はソフトレンズに比べると高いのですが、手入れが比較的簡単で長持ちします。

現在は使い捨てタイプのソフトコンタクトレンズも普及していて便利です。使い捨てタイプですと、ソフトコンタクトレンズの面倒さが一気に解決ですからね。かなり人気です。


レーシックの【おすすめクリニック】1位~3位
老眼や白内障を治療する手術なら【おすすめクリニック】


手術しない視力回復の方法



Line


レーシックじゃない方法

気になる記事ピックアップ

未知への不安
レーシックとは、レーザーで角膜を薄くスライスした後、角膜実質層をエキシマレーザーで削り、視力を回復させる手術です。「目」の手術ということで、.....

老眼の治療効果
「老眼の治療」という言葉はよく聞くと思います。しかし、どの程度回復できるのか?回復にどの程度期待できるか不安がありますね。具体的な数字.....

老眼予防の心がけ
老眼の予防にはどのようなものがあるのでしょうか?老眼って誰でも年齢を重ねたら症状があらわれてしまうといった印象がありますが、予.....

老眼とエピレーシック
老眼の治療の方法はさまざまな種類があります。その中に「レーシック」という治療方法がありますが、「レーシック」の中にもたく.....

老眼治療は日本で可能?
はい、できます。2004年から日本の眼科において、老眼治療ができるようになりました。老眼の治療方法とは、眼の角膜部.....

Copyright © 2007 レーシックは失敗が不安*o*99vs1慎重派のレーシック@近視・乱視・老眼. All rights reserved