* * * * * * *
Line

ある近視女性レーシック観



私は幼いころメガネに憧れていました。当時は「伊達メガネ」などもってのほかという時代でしたので、メガネをかけるためには目が悪くなければ掛けられませんでした。

そこそこの視力だったのにもかかわらず暗いところで本を読みまくり、遠いところを見るときはわざと目を細めてみたりしていました。


あとで、後悔することも知らずに・・・


念願かなってメガネをするようになったのですが、ここで落とし穴が。
近眼の眼鏡は凹レンズ。度が進むほど眼が小さく見えます。うら若き女性にとっては致命的な出来事でした。

「じゃ、コンタクトでも・・・」
いえいえ、当時はとても高価なモノでしたので、とてもじゃありませんが買えませんでした。片方25,000円、両目で50,000円、その他お手入れグッズが約10,000円、お手入れ消耗品が・・・
バイトもできなかった高校生の自分は、諦めるしかありませんでした。

ようやく自分の自由になるお金を手にすることができるようになってからは、コンタクトレンズやお手入れ消耗品もそこそこ安くなり、50,000円くらいで一セット揃えられるようになっていました。早速購入し使用していたのですがなかなか手入れが面倒臭い。

  はずす→すすぐ→スポンジ状のものでこすり洗い→すすぐ→専用容器で電熱器様のもので加熱殺菌

出かけた際もコンセントを探さなければならないので、キャンプなどは大変でした。

長く不便な「メガネ&コンタクト」生活をしている中、「目から鱗」の「レーシック」を知ることになるのです

これしかない!

長い間近視による凹レンズの「小さい目」、コンタクトの手入れの煩わしさから解放されたいと思っていた今から十数年前、「世界最初の近視矯正レーシック」のテレビ報道が!

「これしかない!」そう思い、テレビを食い入るように見ました。角膜表面をスライスし、蓋状にしてめくり、角膜実質層を薄くレーザーで削る・・・理屈では分かります。

しかし「目」です。麻酔は部分麻酔のみです。手術中意識がある上に、すべて「見えます」。自分で手術の過程を見るのです。

眼科に通われた方なら分かると思いますが、眼科の治療は視覚の恐怖があります。視覚の恐怖のために、もともと敏感な器官である目は一層敏感になってしまうことでしょう。

「これしかない!」と思ってはみたものの手術への恐怖が湧いてきました。

・・・当時に比べると今はレーシックの実績もかなり多く、日本だけでも数十万人以上がレーシックを受けています。またレーシックの技術もかなり進んでいます。きちんとしたクリニックを選べば事前の検査や説明もしっかりしており、当時に比べると飛躍的に不安が少なくなっていますね。


レーシックの【おすすめクリニック】1位~3位
老眼や白内障を治療する手術なら【おすすめクリニック】


手術しない視力回復の方法



Line


慎重派のレーシック観

気になる記事ピックアップ

レーシックの危険性
レーシックの手術は近年多くの医療機関で行われるようになってきました。ところで日本では施設・機器と医師免許さえあれば、内科医が眼.....

14日間の視力訓練
レーシック以外にも視力回復の方法があることは知っていますか?しかも、レーシックのような「不安」を感じることもなく、レーシ.....

老眼治療CK
老眼の治療方法の一つに、レーシック手術があります。これは角膜をレーザーを照射することにより削り、目のピントを合わせ.....

近視は老眼にならない?
「老眼」って何となく悲しい響きですね。精神的にもずしっときます。老眼になってしまうと、とりあえず対策をいろ.....

老眼回復と3Dアート
人間だれしも、年をとり老化をしていくものです。老眼というのは誰にでもおとずれる眼の老化現象です。老眼は老化現象であるので、進行性があります。なので、老眼に.....

Copyright © 2007 レーシックは失敗が不安*o*99vs1慎重派のレーシック@近視・乱視・老眼. All rights reserved