* * * * * * *
Line

老眼回復と3Dアート



人間だれしも、年をとり老化をしていくものです。老眼というのは誰にでもおとずれる眼の老化現象です。

老眼は老化現象であるので、進行性があります。なので、老眼になってしまったらもう二度と元には戻らないとあきらめてしまう人が多いことでしょう。そして老眼鏡という対処法で、その煩わしさに辟易し、「老眼」という精神的負担を負うのです。

でも、あきらめないでください!老眼を回復する方法はあるのです。治療のように、劇的な回復は望めないとは思いますが、ちょっとした訓練で回復できるかもしれません。

近年、テレビゲーム、ポータブルゲーム、携帯電話、パソコン、コミックなど、近いものを集中してみたり、見なければ使えないツールが劇的に普及しています。幼いころからこれらのツールを使いこなしているためか、若年層の老眼化が増えてきているとのことです。具体的にいますと、なんと20代でも老眼になってしまう人がいるということです。

その影響からか、「視力回復センター」など眼の筋肉を鍛えることに重点を置いた機関などもかなり普及してきているようです。

この「視力回復センター」で行われているような眼の筋肉を鍛えるというのは、眼の運動をすることで、眼の焦点を合わせる力を回復させていこうというものです。この運動を行うと近視だけではなく、老眼にも効果が期待できるといわれています。

では、視力を回復させるためにどういった筋肉を鍛える方法をとっているのでしょうか?

ひとつは3Dアートを利用して眼の周りの筋肉を鍛えるという運動方法があります。3Dアートを見るときは、ただ絵全体を見るだけでは絵が浮かんできません。絵のある1点を凝視して視点を分散させると絵が浮かび上がってくるのです。この見方により、眼の周りの筋肉を集中的に鍛えることができるのです。

この見方の訓練を、最初は3Dアートを使用して、慣れてきたら外で3Dアートを使用しないでこの見方をやってみる。これがいつでもできるようになってくると、眼の周りの筋肉が鍛えられ、視力も回復してくるのではないでしょうか?


レーシックの【おすすめクリニック】1位~3位
老眼や白内障を治療する手術なら【おすすめクリニック】


手術しない視力回復の方法



Line


老眼治療 特集

気になる記事ピックアップ

老眼とコンタクトレンズ
老眼治療は、手術をすると劇的に回復するようになりました。しかし手術は、角膜を削ったりすることとなります。抵抗があるという人は多.....

老眼とコンドロイチン
老眼改善のため、今注目されている栄養物質に、「コンドロイチン」という物質があります。コンドロイチンは、「毛様体筋」に含ま.....

レーシックの危険性
レーシックの手術は近年多くの医療機関で行われるようになってきました。ところで日本では施設・機器と医師免許さえあれば、内科医が眼.....

14日間の視力訓練
レーシック以外にも視力回復の方法があることは知っていますか?しかも、レーシックのような「不安」を感じることもなく、レーシ.....

老眼治療CK
老眼の治療方法の一つに、レーシック手術があります。これは角膜をレーザーを照射することにより削り、目のピントを合わせ.....

Copyright © 2007 レーシックは失敗が不安*o*99vs1慎重派のレーシック@近視・乱視・老眼. All rights reserved