* * * * * * *
Line

老眼予防いろいろ



「老眼」というのは、眼の老化現象の一つです。人間だれしも年をとって(=老化)いきます。しわが増えたり、筋肉の量が減ったり、体の代謝が落ちてきたり・・・眼も同じことです。眼もどんどん老化していくものなので、老眼自体の進行を予防することはとても難しいと考えられています。

しかし、実際に老眼になってしまった場合、どうにかして回復したいと思いますよね。メガネやコンタクトは煩わしいですし、また老眼の治療のために手術をするなんてとても不安です。

そこで治療のように劇的な回復は見込めないけれど、徐々に視力を回復させていく方法はあるのです。

老眼の現象が著しく顕著に現れたり、自覚したりするのが40~50代ぐらいでしょう。しかし眼そのものの老化というのは厳密に言うと、10代のころから始まっているといわれています。

巷には眼に良いとされるサプリメントが市販されていますが、宣伝のような効果があるかどうかはわかりません。また、眼に良いとされているサプリメントだけで視力回復の効果を期待しないほうがいいでしょう。

だからと言ってサプリメントに頼らず、眼にいいといわれている方法や物を自己流で次々に試してみるのは危険です。やりすぎてしまって、逆に眼に負担をかけてしまう場合があります。

なので、老眼の視力回復には眼科などへ出向き、専門的な知識をキチンと仰いでから実行してみたほうがいいのではないかと思います。

以下に専門家が進めた老眼予防対策がありますので、参考にしてみてください。

● 眼は定期的に休ませるようにしましょう。

● バランスの良い食生活を心掛けましょう。

● なるべくストレスをためないような生活をしましょう。

● 自分に合う対策方法を専門家に仰ぎ、見つけましょう。


レーシックの【おすすめクリニック】1位~3位
老眼や白内障を治療する手術なら【おすすめクリニック】


手術しない視力回復の方法



Line


老眼治療 特集

気になる記事ピックアップ

老眼とエピレーシック
老眼の治療の方法はさまざまな種類があります。その中に「レーシック」という治療方法がありますが、「レーシック」の中にもたく.....

老眼治療は日本で可能?
はい、できます。2004年から日本の眼科において、老眼治療ができるようになりました。老眼の治療方法とは、眼の角膜部.....

レーシックのデメリット
● レーシックの手術を受けられる人と受けられない人がいる例えば角膜の厚さには個人差がるので、薄い人は受けられない場合があ.....

コンタクトレンズ
コンタクトレンズは大きく分けて2種類あります。ソフトコンタクトレンズと、ハードコンタクトレンズで、いずれも医師の診.....

老眼にレーシックは可能?
「老眼鏡をかけないで新聞や本が読めたらどんなにかうれしいでしょうか?」今までは「老眼は治ることなく、進行し.....

Copyright © 2007 レーシックは失敗が不安*o*99vs1慎重派のレーシック@近視・乱視・老眼. All rights reserved