* * * * * * *
Line

老眼治療とレーシック



老眼治療を考え始めるのは、近くのものや新聞などの小さい文字が見づらくなってきたときでしょう。最初のうちは老眼鏡で対処すると思いますが、徐々にその煩わしさから、「治療をしたい」「治したい」と思うでしょう。この症状は早い人だと40代ぐらいから出始めることもありますが、大抵は50代後半ぐらいだと思います。

老眼の治療の方法の一つとして、レーシックがあげられます。老眼治療のレーシックには2つの治療法があり、ひとつは「モノビジョンレーシック」で、もう一つは「老眼矯正レーシック」です。

「モノビジョンレーシック」は、片方の目を遠くが見えるように、もう片方の目を近くが見えるように治療する方法です。具体的な方法として、片方の目の角膜をレーシックで近くが見えるような形状に変えて、もう片方の目を遠くが見えるような形状に変えていく方法です。

もう一つのレーシックでの治療法「老眼矯正レーシック」は、レーザーの照射により、角膜の中心部を遠くが見えるように、角膜の周辺部を近くが見えるように矯正していくといった治療法になります。この方法はたとえて言うならば、遠近両用のコンタクトレンズと同じような角膜の形状にする感じです。

「モノビジョンレーシック」でも「老眼矯正レーシック」でも、それが自分に適している方法なのかどうかは素人にはわかりません。医師のもとで適正な検査を行い、指示に従って行うようにしましょう。


レーシックの【おすすめクリニック】1位~3位
老眼や白内障を治療する手術なら【おすすめクリニック】


手術しない視力回復の方法



Line


老眼治療 特集

気になる記事ピックアップ

近視は老眼にならない?
「老眼」って何となく悲しい響きですね。精神的にもずしっときます。老眼になってしまうと、とりあえず対策をいろ.....

老眼回復と3Dアート
人間だれしも、年をとり老化をしていくものです。老眼というのは誰にでもおとずれる眼の老化現象です。老眼は老化現象であるので、進行性があります。なので、老眼に.....

レーシックとは?
「レーシック」とは簡単に言うと、角膜の厚さを変えて視力を回復させる手術(技術)です。やり方の概要としては・.....

ある近視女性レーシック観
私は幼いころメガネに憧れていました。当時は「伊達メガネ」などもってのほかという時代でしたので、メガネをかけるためには目が悪くなければ掛けられませんでした。.....

老眼の予防
手元が見づらい、新聞や雑誌の文字が見づらいなどの老眼になると、老眼治療をすることを考える方も多くいると思います。しかし、老眼になる前に老眼予防をし.....

Copyright © 2007 レーシックは失敗が不安*o*99vs1慎重派のレーシック@近視・乱視・老眼. All rights reserved