* * * * * * *
Line

老眼とコンタクトレンズ



老眼治療は、手術をすると劇的に回復するようになりました。

しかし手術は、角膜を削ったりすることとなります。抵抗があるという人は多いことでしょう。

そんな人がまず考える老眼の対処法はメガネです。しかし老眼鏡をかけることに抵抗を感じる人もたくさんいます。そのような方が選んでいるのが、外見を変えずに視力矯正ができるコンタクトレンズです。

目を酷使したことが原因で老眼になった人で比較的若い世代の人はコンタクトレンズを使用する人が多いです。ちなみに加齢が原因で老眼になってしまった場合に、今までコンタクトレンズを使用していなかった人がコンタクトレンズを使うことはあまり多くはないです。

以前はコンタクトレンズも種類があまりありませんでしたが、今では老眼用にも対応できるものとして遠近両用レンズ(バイフォーカルレンズ)が処方されるようになっています。

もともとが近視のコンタクトレンズをしている人の場合でも、老眼になってしまうとまた眼科での検査が必要となり、老眼用である遠近両用のコンタクトレンズを使用しなければなりません。なので、そのまま使い続けないようにしましょう。

コンタクトレンズというのは、外観を変えることなく視力を矯正できるメリットがあるのですが、デメリットももちろんあります。手入れが必要、定期健診が必要、購入に経済的負担がかかること、メガネよりも頻度を上げて調整に行かなければならないことなどがあげられます。メリット・デメリットをよく考えて選ぶようにしましょう。


レーシックの【おすすめクリニック】1位~3位
老眼や白内障を治療する手術なら【おすすめクリニック】


手術しない視力回復の方法



Line


老眼治療 特集

気になる記事ピックアップ

手術しない老眼治療
ここでは、食事療法を紹介します。老眼の治療には「レーシック」や「CK」という手術をする方法があります。しかし目の手術は怖いといった人は多いです。そういった.....

老眼予防いろいろ
「老眼」というのは、眼の老化現象の一つです。人間だれしも年をとって(=老化)いきます。しわが増えたり、筋肉の量が減ったり、体の代謝が落ちてきたり・.....

老眼と食べ物(抗酸化)
老眼の改善・予防や治療のために有効な方法は、ストレッチ、手術などがあります。しかしそれだけではありません。人間の体を作るために必要なのは、食.....

心のブレーキ
「レーシックってすごい魅力的だよね!」、レーシックで視力回復した人の話を聞くと「すごいなぁ」とは思っても、いざ自分で受けようと考えると「なぜかやる.....

老眼治療の流れ
どんな治療もそうですが、老眼の治療を決めた人にとってその「治療」の流れがわからないと不安になってしまいます。簡単ではありますが、以下に治療に.....

Copyright © 2007 レーシックは失敗が不安*o*99vs1慎重派のレーシック@近視・乱視・老眼. All rights reserved