* * * * * * *
Line

老眼と老眼鏡



手術の話題が多くなっていますが、手術以外にも老眼対策はあります。

例えば、老眼鏡による補正という治療方法があります。老眼の対策の方法の一つですが、ごく一般的な対処方法ですね。老眼というのは、一般的に40歳前後位から現れる老化現象で、この症状が出ると徐々に近くものへ目のピントが合わなくなって、「もしかして老眼?」と思うようになるそうです。

老眼というのは一度症状が現れ始めると止まることはありません。老眼への対処は老眼鏡をかけるのがもっとも一般的な方法だと思います。しかし年齢を重ねていくたびに近くのものへのピントが合わなくなってきたり、視力が落ちてきたりするようになります。そしてその都度調整が必要になり、お金もかかるようになります。また、老眼鏡は「遠視用」「近視用」に分かれているので、用途に合わせて複数の老眼鏡を持つ必要がある人もいます。

しかし、複数の老眼鏡を持つとなると、外出の際に荷物になり煩わしいですし、忘れる可能性も大きいです。そんな要望に応えたのが「遠近両用メガネ」「中近両用メガネ」といわれているメガネです。しかしまだまだ値段も高く、調整も個人差がある老眼の症状を抑えるにはかなり難しいそうです。年齢を重ねるたびに買い替えるとなると経済的な負担も大きいです。

老眼鏡は簡単な老眼の対処法だと思いますが、老眼の進行を食い止めるものではありません。


レーシックの【おすすめクリニック】1位~3位
老眼や白内障を治療する手術なら【おすすめクリニック】


手術しない視力回復の方法



Line


老眼治療 特集

気になる記事ピックアップ

老眼治療の効果って?
「老眼は治すことができる」ということは、今現在老眼の症状があり老眼鏡をかけて生活をしている人にとって、どんなに喜ばしいこ.....

老眼とトレーニング
老眼の症状が出始めてくると、老眼鏡を買ったり老眼治療をしたりと、出費がかさみ経済的に大変になります。また老眼は老化.....

老眼治療におけるリスク
老眼治療におけるリスクには、どのようなものがあるでしょうか。老眼の治療方法のひとつに、「CK」という方法が.....

レーシックのメリット
☆ コンタクトの煩わしさから解放されます!毎日の手入れ(ワンデータイプのコンタクトは除く)の必要もないし、定期健診.....

ある近視男性レーシック観
僕が近眼になったのは中学校に入ってからでした。視力を落とした原因は、中学校に入って本格的に勉強を始めたから.....

Copyright © 2007 レーシックは失敗が不安*o*99vs1慎重派のレーシック@近視・乱視・老眼. All rights reserved