* * * * * * *
Line

遠近両用眼内レンズ



「遠近両用眼内レンズ」という治療方法があります。老眼の治療には様々な方法がありますが、その中の一つです。

この治療により近くも見えるようになるし、遠くも見られるようになるというものです。この治療方法は、老眼や白内障に対しての画期的な治療方法として今注目を集めています。この遠近両用眼内レンズは、従来の白内障の治療では不可能であった老眼治療にも対応することができるとのことです。

この手術は白内障の手術をたくさん経験している眼科医がいるところで行うほうが成功率も高く、安全性も高くなるでしょう。なぜなら、この「遠近両用眼内レンズ」の手術方法は、白内障の手術の方法と変わらないからです。今では、日本国内において老眼治療である「遠近両用眼内レンズ」手術の症例は、増加しているといわれています。

ところで、白内障の眼内レンズ手術というのは、ピントが一つしか作られませんでした。手術後は遠くに焦点を当てるようになるので遠くはよく見えるのですが、逆に近くは見えづらいために老眼鏡を使用しなければならないという欠点がありました。

しかし「遠近両用眼内レンズ」は「多焦点眼内レンズ」を使用します。これによっていろいろな距離の視界も大丈夫になることでしょう。ちなみに、このレンズは1枚で5つもの焦点を割り当てられることができます。

この「遠近両用眼内レンズ」治療法を行った場合、その後に視力がもし変わったとしても、レーシックという手術方法で補正することが可能です。


レーシックの【おすすめクリニック】1位~3位
老眼や白内障を治療する手術なら【おすすめクリニック】


手術しない視力回復の方法



Line


老眼治療 特集

気になる記事ピックアップ

老眼治療CK
老眼の治療方法の一つに、レーシック手術があります。これは角膜をレーザーを照射することにより削り、目のピントを合わせ.....

近視は老眼にならない?
「老眼」って何となく悲しい響きですね。精神的にもずしっときます。老眼になってしまうと、とりあえず対策をいろ.....

老眼回復と3Dアート
人間だれしも、年をとり老化をしていくものです。老眼というのは誰にでもおとずれる眼の老化現象です。老眼は老化現象であるので、進行性があります。なので、老眼に.....

レーシックとは?
「レーシック」とは簡単に言うと、角膜の厚さを変えて視力を回復させる手術(技術)です。やり方の概要としては・.....

ある近視女性レーシック観
私は幼いころメガネに憧れていました。当時は「伊達メガネ」などもってのほかという時代でしたので、メガネをかけるためには目が悪くなければ掛けられませんでした。.....

Copyright © 2007 レーシックは失敗が不安*o*99vs1慎重派のレーシック@近視・乱視・老眼. All rights reserved