* * * * * * *
Line

老眼治療CK



老眼の治療方法の一つに、レーシック手術があります。これは角膜をレーザーを照射することにより削り、目のピントを合わせようとする方法です。しかし、角膜を削るという行為に抵抗を感じる方もたくさんいると思います。

このように抵抗を感じる方のために、もう一つ老眼の治療の方法があります。「伝導性角膜形成技術(略してCK)」という、角膜を削らない方法です。

では「CK」とはどのような治療方法なのでしょうか?この「CK」という治療法では「ラジオ波」と呼ばれる高周波を角膜に照射します。この高周波によって、角膜にあるコラーゲン組織の一部が収縮します。この収縮を使って角膜をカーブさせていきます。レーシックと同様に角膜で遠近両用レンズを作るという技術、治療法です。

もともと遠くは見えるという方には、角膜の中心部分はそのままにして角膜の周辺部分だけに「CK治療」を行うようにし、近くのものを見えるように施術します。そのことにより、遠くも近くもはっきり見えるようになります。

手術自体は3~5分程度と非常に短い時間で済みます。手術には、点眼麻酔が用いられますから痛みはほとんどないと思われます。手術後は多少の違和感や傷み、乾きなどあるかもしれませんが、点眼薬もありますし、時間がたつと落ち着いてくるそうです。

この「CK」治療はレーシックと考え方は同じですが、方法(CKは角膜を収縮させ、レーシックは削る)が違います。比較的CKのほうが簡単に終わるものと考えますが、いかがでしょうか?

老眼は治したいけれど、角膜を削るのは怖いと思っている方には「CK治療」はとてもいい方法だと思います。ぜひ老眼治療の検討に、「CK」の資料を眼科医院から取り寄せてみてください。


レーシックの【おすすめクリニック】1位~3位
老眼や白内障を治療する手術なら【おすすめクリニック】


手術しない視力回復の方法



Line


老眼治療 特集

気になる記事ピックアップ

老眼治療の流れ
どんな治療もそうですが、老眼の治療を決めた人にとってその「治療」の流れがわからないと不安になってしまいます。簡単ではありますが、以下に治療に.....

レーシックと老眼
「レーシックをすると老眼が強くなってしまう」、「レーシックをすると老眼になるのが早くなる」などのレーシックに対して間違った認識をしてい.....

老眼とコンタクトレンズ
老眼治療は、手術をすると劇的に回復するようになりました。しかし手術は、角膜を削ったりすることとなります。抵抗があるという人は多.....

老眼とコンドロイチン
老眼改善のため、今注目されている栄養物質に、「コンドロイチン」という物質があります。コンドロイチンは、「毛様体筋」に含ま.....

レーシックの危険性
レーシックの手術は近年多くの医療機関で行われるようになってきました。ところで日本では施設・機器と医師免許さえあれば、内科医が眼.....

Copyright © 2007 レーシックは失敗が不安*o*99vs1慎重派のレーシック@近視・乱視・老眼. All rights reserved