* * * * * * *
Line

老眼にレーシックは可能?



「老眼鏡をかけないで新聞や本が読めたらどんなにかうれしいでしょうか?」今までは「老眼は治ることなく、進行していくだけ」というのが一般的でした。そしてそれが当たり前だとわかりますが・・・。現在ではこのような要望にも応えられるように治療に関する技術がどんどん進んできているようです。

その中で「レーシック手術」が注目されています。このレーシックは本来近視の人を対象にした手術でしたので、老眼の方には不向きとされていました。しかし技術の進歩によってレーシックでの老眼治療が可能になってきているとのことです。

レーシックとは、角膜にレーザーを照射し角膜の厚さを変えて目のピントを合わせていくように調整する手術です。この技術を老眼用に応用するのです。近視の方が老眼になった場合、「遠近両用の眼鏡」を使用しますね。このメガネの機能とおなじものを、患者さん本人の目の角膜で作り上げ、眼そのものを遠近両用にしようという手術です。では具体的にどのようにするかというと、「角膜の中心部では遠くが見えるように、角膜の周辺部では近くが見えるように角膜をレーザーで削る」ようにすればいいのです。この手術法ですと、老眼鏡なしで遠くも近くも見ることができるようになるでしょう。

ただし、角膜を削る量が多いために、角膜が薄い人はこの手術を受けることができません。希望した全員がこの治療を受けられるわけではありません。手術前にレーシックが受けられるかどうか適応検査を行います。レーシックを行っている病院のHPから疑問・質問してみる、また各医院でも説明会を行っているようです。気軽に資料を得てみてはいかがでしょうか。


レーシックの【おすすめクリニック】1位~3位
老眼や白内障を治療する手術なら【おすすめクリニック】


手術しない視力回復の方法



Line


老眼治療 特集

気になる記事ピックアップ

老眼の治療効果
「老眼の治療」という言葉はよく聞くと思います。しかし、どの程度回復できるのか?回復にどの程度期待できるか不安がありますね。具体的な数字.....

老眼予防の心がけ
老眼の予防にはどのようなものがあるのでしょうか?老眼って誰でも年齢を重ねたら症状があらわれてしまうといった印象がありますが、予.....

老眼とエピレーシック
老眼の治療の方法はさまざまな種類があります。その中に「レーシック」という治療方法がありますが、「レーシック」の中にもたく.....

老眼治療は日本で可能?
はい、できます。2004年から日本の眼科において、老眼治療ができるようになりました。老眼の治療方法とは、眼の角膜部.....

レーシックのデメリット
● レーシックの手術を受けられる人と受けられない人がいる例えば角膜の厚さには個人差がるので、薄い人は受けられない場合があ.....

Copyright © 2007 レーシックは失敗が不安*o*99vs1慎重派のレーシック@近視・乱視・老眼. All rights reserved