メガネやコンタクトレンズのない生活へ
視力回復にレーシックが人気
眼科・アイクリニック選びをお助け!

レーシック選びのポイント!


レーシックは既に数万人、数十万人以上の方が受け視力アップに成功しており、今では誰もが知る視力回復手段の一つとなりました。

以前なら限られたところでしか受ける事ができなかったレーシックも、技術・装置などの進歩や普及により、地方でも受けられるようになりました。

それだけレーシックが身近で手が届きやすい視力回復方法になってきています。

レーシック後のケアなどのことも考えると、近場の眼科やクリニックがよさそうですが。 遠方でもより実績のある眼科やクリニックを選ぶ人も多いです。


安淵眼科医院(京都府京田辺市)


 眼科・アイクリニック
名称安淵眼科医院
よみやすぶちがんかいいん
アドレス京都府
京田辺市田辺中央6-3-1 近鉄新田辺西ビル6階
概要(公式サイトからの抜粋引用)
『8年連続で単独クリニックとしては、関西No.1の実績です。当院では、LASIK手術に伴う感染症はありません。WAVE(200)からEYE-Q(400)ブルーラインに変更しました。替え刃だけでなく、ヘッド自体を使い捨てにして、万全を期しています。イントラレーシック、レーシック、PRKの費用を、10万5千円(両眼)に、変更しました。無料追加矯正手術の保証期間を、1年以内から、無制限に変更しました。手術待ち期間は、1~2週間程度です。..』
(2010.04.以降確認)
公式サイトhttp://www.yasubuchi-ganka.com/

記載内容について修正・削除などご要望がありましたらご連絡いただけると幸いです。速やかに対応いたします。


******* ******* *******



ぷちコラム

レーシックの口コミ
レーシックの体験者が増えたことで、ネットにはたくさんのレーシック体験談を見る事ができます。レーシックの口コミに限った話ではないですが、いい感想もあれば、悪い感想もあります。感想を鵜呑みするのではなく、感想の信頼性も判断しながら参考にしたいですね。

レーシックとは
レーシック (LASIK) とは角膜屈折矯正手術の一種です。裸眼での視力回復を目的とした手術ですね。イントラレーシック、エピレーシック、ラセック、ウェーブフロント、フェイキックIOL、・・・などがあります。

角膜感染症
角膜感染症はレーシックでのリスクの一つです。レーシックは角膜を手術するため、感染症を引き起こす場合があります。この感染症を防ぐには、手術道具の消毒や手術室の衛生管理などが大事です。信頼のおける眼科・クリニック選びが大事ですね。

メガネの将来
近視や乱視、遠視、老眼、・・・メガネは昔から視力を補うための道具として、また時にはオシャレアイテムとして利用されてます。そんなメガネも、レーシックがもっと普及してくれば、それにつれて少なくなってくるかもしれませんね。

コンタクトレンズいろいろ
コンタクトレンズもメガネ同様に多くの人に利用されている視力を補うためのものですね。コンタクトレンズは外見上のメリットから人気ですが、手入れや管理などが面倒な側面もあります。オシャレを重視したカラーコンタクトレンズも人気ですね。

Copyright © 2007 全国レーシック眼科・アイクリニック特集. All rights reserved