メガネやコンタクトレンズのない生活へ
視力回復にレーシックが人気
眼科・アイクリニック選びをお助け!

レーシック選びのポイント!


レーシックは既に数万人、数十万人以上の方が受け視力アップに成功しており、今では誰もが知る視力回復手段の一つとなりました。

以前なら限られたところでしか受ける事ができなかったレーシックも、技術・装置などの進歩や普及により、地方でも受けられるようになりました。

それだけレーシックが身近で手が届きやすい視力回復方法になってきています。

レーシック後のケアなどのことも考えると、近場の眼科やクリニックがよさそうですが。 遠方でもより実績のある眼科やクリニックを選ぶ人も多いです。


Tsuboi Eye Center坪井眼科(大阪府大阪市)


 眼科・アイクリニック
名称Tsuboi Eye Center坪井眼科
よみつぼいあいせんたー つぼいがんか
アドレス大阪府
大阪市西区北堀江1-3-2 Being四ツ橋ビル3F
概要(公式サイトからの抜粋引用)
『白内障手術、緑内障手術、網膜硝子体手術、近視矯正手術など多数の手術を手掛けております。また2000年1月から開始したLASIKについても関西有数の手術件数3847件です。眼科の特徴の第一は、手術によって治すことのできる疾患が多いこと。第二は、白内障に対する眼内レンズ移植術、近視や乱視に対するレーシック、網膜疾患に対する硝子体手術など、ここ20年以内に格段に進歩した技術が多いことです。その結果、ほとんどの手術が日帰りで行えるというのが第三の特徴です。坪井眼科では、このような眼科医療の先進性を生かしつつ、人間愛の精神で患者様のご期待に応えることをモットーとしております。目の病気に関することなら、何でもお気軽にご相談ください..』
(2010.04.以降確認)
公式サイトhttp://www.tsuboi-eye.co.jp/index.html

記載内容について修正・削除などご要望がありましたらご連絡いただけると幸いです。速やかに対応いたします。


******* ******* *******



ぷちコラム

角膜感染症
角膜感染症はレーシックでのリスクの一つです。レーシックは角膜を手術するため、感染症を引き起こす場合があります。この感染症を防ぐには、手術道具の消毒や手術室の衛生管理などが大事です。信頼のおける眼科・クリニック選びが大事ですね。

メガネの将来
近視や乱視、遠視、老眼、・・・メガネは昔から視力を補うための道具として、また時にはオシャレアイテムとして利用されてます。そんなメガネも、レーシックがもっと普及してくれば、それにつれて少なくなってくるかもしれませんね。

コンタクトレンズいろいろ
コンタクトレンズもメガネ同様に多くの人に利用されている視力を補うためのものですね。コンタクトレンズは外見上のメリットから人気ですが、手入れや管理などが面倒な側面もあります。オシャレを重視したカラーコンタクトレンズも人気ですね。

有名人とレーシック
テレビタレントやスポーツ選手などレーシックを受けている有名人はかなり多いです。有名人のレーシックを手掛けたクリニックの公式サイトに行くと、どんな人がレーシックを受けたかを見る事ができます。レーシックを受けた人がテレビで活躍しているのを見ると安心ですね。

眼科医とレーシック
レーシックの安心感という意味では、レーシックを手掛ける、あるいは目やレーシックについて詳しい専門家である眼科医が自ら受けているとなると安心できると思いませんか。それで探してみるとちゃんといますレーシックを受けている眼科医さん。公式ページで紹介しているクリニックもあります。

Copyright © 2007 全国レーシック眼科・アイクリニック特集. All rights reserved